一番おすすめしたい療育関連本はこちら

13記事でグーグルアドセンス審査通過!素人ブロガー奮闘記2018年11月

rinrin
こんにちは、元女医ライターのrinrin(@Drrinrin1)です。

 

2018年10月20日に開設した当ブログですが、

2018年11月14日水曜日、ついに、

憧れのグーグルアドセンスの審査に通過しました。

 

rinrin
やったー♪♪♪

 

アイコンが無表情なのがもどかしいくらい、

本当に嬉しかったです。

 

というわけで、

これまで数々のブロガーさんが記してきた、グーグルアドセンス審査奮闘記ですが、

私なりの戦いをまとめてみました。

 

rinrin
お時間のある時にお読みください

 

アドセンス審査を受けようと思った理由

ブロガーさんやサイト運営者なら、皆さんご存知の『グーグルアドセンス』

私がその存在を知ったのは、2018年の9月のことでした。

 

ライターとしての仕事に慣れ、

自分の書きたいことや伝えたいことを好きに書いてみたいなぁと、

『ブロガー』というものに憧れ始めた私。

 

しかし、いくら書きたいことを書くとは言え、

ただ書きなぐるだけではなく、少しは収益化も目指したいと思うのが人情ではないでしょうか。

少なくとも私はそうでした。

 

しかし、何か商品やサービスを紹介して稼ぐ『アフィリエイト』は、何だか難しそうで敷居が高い。

それに、本当に書きたいことが書けなくなってしまうかも。

 

そう思っていた私にとって、

サイトに貼るだけで、勝手に利用者さんに合った広告を表示してくれるというグーグルアドセンスは、

非常に魅力的なものでした。

 

そんなわけで、ブログを始めると同時に、

『いつかアドセンス審査に受かりたい』というのが、目標となったのです。

 

アドセンス審査への最初の挑戦

グーグルアドセンス審査への最初の挑戦を行ったのは、

2018年9月29日のことでした。

 

あれ…?

 

『何かがおかしい』と思ったそこのあなた。

 

rinrin
正解です。

 

当ブログの開設日は、10月20日

しかし、私がアドセンスを始めて申請したのは、9月29日だったのです。

 

そう。

 

rinrin
実は、このブログの前に、別なブログで執筆していたのです。

ツイッターでも秘密にしていました…。

 

アドセンス審査:はてなブログでの挑戦

現在はアカウントもサイトも削除しているそのブログですが、

当時ははてなブログで執筆しておりました。

内容は、現在のブログよりも荒削りな内容ばかりで、今読み返すと恥ずかしいものがあります。

 

当時のブログで書いた内容は、

現在のブログの記事には使っておりません。

 

rinrin
それくらいひどいクオリティでした…

 

アドセンス審査:初挑戦のサイト状況と結果

アドセンス審査を受けるにあたり、

あらゆるブロガーさんたちのアドセンス奮闘記を読み込み、

自分なりに頑張って仕上げてからアドセンス審査に申し込みました。

 

申請時のサイト状況
  • はてなブログPro
  • サイト開設日より2週間
  • 投稿記事数16記事
  • 1記事あたりの文字数:1000字~2000字
  • プライバシーポリシーあり
  • サイト運営者情報あり
  • お問い合わせフォームあり
  • その他広告リンクなし

 

rinrin
このようなサイト状況で申し込んだところ、結果は以下のようなものでした。

 

 

まさかの、審査不能

 

その後、開設から日が浅いサイトは審査不能になることがあるらしいことが分かり、

大人しく時が過ぎるのを待ちました。

 

アドセンス審査2度目の挑戦

その後、約1週間待ち、再度アドセンス審査へと挑戦しました。

落ちた後は、2週間ほど時間を空けないといけないという記事も読みましたが、

 

  • 2週間空けなくても受かっている人がいたこと
  • ポリシー違反はないと確信していたこと

 

以上の理由により、2週間待たずに申請しました。

 

アドセンス審査2度目の申請を急いだ理由

アドセンス審査の申請を急いだ理由に、はてなブログProの無料期間終了が迫っていたことがありました。

はてなブログProは、はてなブログの有料バージョンで、独自ドメインが使える仕様のことです。

はてなブログProには、1ヵ月の無料お試し期間があります。

 

私は、ブログ開始当初から、

もしもはてなブログProの無料期間中にアドセンス審査に通らなければ、

そこでそのブログは完全に削除して、

別なブログを作ろうと心に決めていました。

 

rinrin
そのため、良いにしろ駄目にしろ、無料期間内に結果が出ることを望んだのです。

 

アドセンス審査:2度目の挑戦のサイト状況と結果

1度目の申請時からさらに勉強し、

前回の条件に追加し、

 

  • グーグルアナリティクスの設置
  • グーグルサーチコンソールへの登録
  • 記事数25記事程度
  • 1記事あたりの文字数:1000字から3000字程度

 

というサイト状況で申請しました。

 

しかし、結果は、

まさかの『ポリシー違反による非承認』でした。

 

具体的には、

  • 内部リンクの数が多すぎる
  • サーチエンジンを意識しすぎている
  • ユーザーの利益を考えていない
  • ユーザーに有益ではない
  • 似たような内容のページが多すぎる
  • サイトタイトルと記事内容が乖離している

と、散々な理由が書いてありました。

 

アドセンス審査の厳しさを痛感

2度目の申請も失敗に終わったことにより、

私はアドセンス審査の厳しさを痛感しました。

 

当時のサイトは、今よりも荒削りであったとは言え、

世間で言われる『文字数1000字以上、記事数15個以上』

の基準もクリアしていたので、大丈夫なのではないかと思っていました。

 

rinrin
予想以上に、グーグルアドセンス審査の壁は厚かったのです。

 

アドセンス審査への再挑戦

一度は完全にブログを辞めようかとも迷いましたが、

やはり私は『書きたい』という欲求を抑えられませんでした。

書きたいことは、たくさんありました。

 

そして、『どうせ書くなら少しくらいは収益化も目指したい』という、

よこしまな思いも抑えられませんでした…。

 

というわけで、ブログ執筆そしてアドセンス審査への再挑戦を決意したのです。

 

アドセンス審査再挑戦に向けて行ったこと

アドセンス審査再挑戦に向けて、

私は心を入れ替えて(?)、以下のようなことを行いました。

 

・ワードプレスでのサイト開設

 

・納得いくまで1つの記事を書く

 

・特化記事のみを執筆する

 

ワードプレスでのサイト開設

当初私は、再度はてなブログでサイトを開設しようとしていました。

しかし、『はてなよりもワードプレスの方が通りやすい』という記事を読み、

不安要素を消すために、ワードプレスへと変更しました。

 

rinrin
サイトカスタマイズが、はてなより充実していて楽しそうと思ったのも一つの理由です。

 

納得いくまで1つの記事を書く

そして、前回のサイトでは、

 

『1日1記事は更新しないと』

『1000字以上を目安に』

 

などと思って書いていた記事でしたが、

今回のサイトでは、文字数に糸目をつけず、

また、更新頻度にもこだわらず、

 

『納得いくまで、きちんとした記事を書くこと』

 

を心がけて記事を書きました。

 

特化記事のみを執筆する

そして、サイトタイトルと記事内容が乖離しないよう、

特化記事のみを執筆することを心がけました。

 

申請時から承認されるまで、自己紹介を除いて、

『女医関連』『ライター関連』『子育て(医療に関するもの)』

しか、執筆しておりません。

 

他にも書きたい記事はありましたが、

アドセンス審査合格までは、サイトタイトルとの整合性を維持することを優先しました。

 

アドセンス審査再挑戦時のサイト状況

アドセンス審査再挑戦時のサイト状況は、以下の通りです。

  • ワードプレス(有料テーマ:SANGO
  • サイト開設日より5日
  • 投稿記事数4記事
  • 1記事あたりの文字数:2200字~5000字
  • プライバシーポリシーあり
  • サイト運営者情報あり
  • お問い合わせフォームあり
  • グーグルアナリティクス設置済み
  • グーグルサーチコンソール登録済み
  • その他広告リンクなし
  • 内部リンク設置なし
  • タグ設定なし

ツイッターにて、

記事数は少なくても良いとのアドバイスを受けたため、

とにかく、以前のサイトよりも、丁寧に記事を書くことを心がけました。

 

また、以前のサイトでは、

サイト内回遊率を上げるために、内部リンクを設置していましたが、

それがアドセンス審査に落ちる理由となったため、

今回は内部リンクは設置せず臨みました。

 

同様に、以前のサイトではメタタグなどを設定して、SEOも意識していましたが、

今回は、タグ設定はしないで臨みました。

 

rinrin
また、アドセンス審査申請には、前回とは別なアカウントを作成しました。

 

アドセンス審査承認までに行ったこと

前回も前々回も、アドセンス審査結果が出るまでの期間は、数日以内でした。

 

そのため、今回もそれくらいの期間でメールが来るかと思いましたが、

待てど暮らせど、メールは来ませんでした。

 

きっと今回も非承認だ…と落ち込みましたが、

それでも記事の更新を続けました。

 

カゲサイの管理人さんから直接指導を受ける

途中、カゲサイの管理人であるカゲオさん(@kage_sai)と、ツイッターでコンタクトを取ることができ、

SEOや記事の書き方に関する様々なことを教えていただきました。

 

 

カゲサイとは
カゲサイは、私がワードプレスでブログを始めるにあたり、何度も参考にしたサイトです。

ワードプレスやプラグインに関する情報やSEOに関する知識が詰まったサイトなので、ブロガーの皆さんにはぜひ閲覧をおススメしたいサイトの一つです。

 

参考にしていたサイトの管理人さんに、直接教えを請えるなんて、SNSってすごいなぁと思った出来事でした。

 

ひたすら丁寧に記事を更新する

それ以外には、とにかく、ただひたすら、丁寧に記事を更新し続けました。

1日1記事などにはこだわらず、文章の質と構成に気をつけて、記事を執筆しました。

多いときで、7000字近くの文字数の記事もありました。

 

サイトマップを作成する

また、これは盲点だったのですが、

サーチコンソールに登録したのに、サイトマップ作成を行っていなかったため、

アドセンス審査期間中にサイトマップ作成を行いました。

 

申請から3週間後アドセンス合格

そして、グーグルアドセンス審査への申請から、

ちょうど3週間後の11月14日。

晴れてアドセンス審査承認メールが届きました。

3週間の申請期間でしたが、

前回のサイト開設からの期間を含めると、

 

約2ケ月の戦いでした。

 

合格時のサイト状況
  • サイト開設日より25日
  • 投稿記事数13記事
  • 1記事あたりの文字数:2000字~7000字
  • 平均4000字

 

アドセンス審査への対策

以前のサイトで、2度アドセンス審査に落ちたこと、

そして、3週間かかったものの、今回は一発でアドセンス審査に合格したことから、

いくつかポイントが見えてきたので、まとめます。

 

アドセンス審査合格のポイント

とにかく記事を丁寧に書く

 

・更新頻度よりも記事の質を重視する

 

・内部リンクやタグ設定などの小手先の技術は不要

 

プライバシーポリシーお問い合わせなどは設置しておくのが無難

 

・サーチコンソール導入時はサイトマップ作成を忘れない

 

・ポリシー違反は絶対しない

 

・はてなでも受かるがワードプレスの方が受かりやすいらしい

 

以上です。

とにかく記事を丁寧に書くことが、アドセンス審査合格への一番の近道なのではないかと思います。

 

まとめ

私のアドセンス審査奮闘記について述べました。

2度の非承認があった分、承認のメールを受け取ったときは、喜びもひとしおでした。

 

ブログは、基本は書きたいものを書くものですが、

一円でも収益を受け取る以上、

やはり人に読まれることを意識して書かなければいけないと、

アドセンス審査を通して痛感しました。

 

rinrin
これからアドセンス審査に臨む方が、スムーズに承認されますよう願っています。