一番おすすめしたい療育関連本はこちら

『子供が入院』不測の事態に備えて親が準備しておくものリスト

rinrin
こんにちは、元女医ライターのrinrin(@Drrinrin1)です。

 

以前の記事で、『子供が入院する理由』についてまとめましたが、

今回は、子供が入院するにあたって親が準備するものについて述べます。

 

上記の記事のような状態で病院を受診する際は、入院になるかもしれないと覚悟し、

ある程度入院の準備をしておくことが大切です。

以下に、子供の入院に際して、親が準備する物をまとめます。

 

rinrin
小さいお子さんをお持ちの親御さんの参考になれば幸いです。

 

子供の入院に必要不可欠な準備物品①:子供の身の回りの品

子供の入院に当たって、子供の身の回りの品は必要不可欠です。

とりあえずこれだけは絶対に必要という準備物品をリストにまとめますので、

非常時に慌てないためにも、必要事項は書きとめておくことをおすすめします。

 

子供の身の回りの品物リスト
  • 衣類(着替え、下着、パジャマ)
  • タオル(バスタオル、フェイスタオルなど必要枚数)
  • 子供用シャンプー、ボディソープ
  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • コップ、スプーン、フォーク、箸
  • 履物(靴、上履きなど)

 

オムツが外れていない子供の場合は、上記に加えて

  • オムツ
  • お尻拭き

ミルク育児をしている乳児の場合は、更に加えて

 

  • 粉ミルク(スティックタイプ)
  • 哺乳瓶
  • 哺乳瓶消毒用の器具
が必要になります。

 

パジャマを始めとした衣類は、診察がしやすいよう、前開きのものが望ましいです。

 

 

rinrin
点滴をしながら着替える時などは前開きの服が着替えやすいため、最低でも1枚は前開きの服を用意するようにしましょう。

 

また、病院では食事は出ますが、フォークや箸などのカトラリー類は用意されていないことも多いです。

特に幼児の場合は、補助箸などで箸の訓練をされているお子さんも多いので、使い慣れたカトラリーを持っていくようにしましょう。

 

また、お尻拭きは、ケースのものではかさばるため、

蓋を付けて持っていくのがおすすめです。

 

 

履物は、転倒の危険を避けるためにも、

スリッパではなく、歩きやすい靴上履きなど、普段履き慣れたものを持っていきましょう。

 

子供の入院に必要不可欠な準備物品②:診察に必要な物

子供の入院に必要不可欠な品物として、診察に必要な物があります。

これも必ず必要になる物なので、リストにまとめます。

 

診察に必要な物リスト
  • 保険証
  • 子ども医療証
  • 診察券
  • 母子手帳
  • 印鑑(治療や検査の同意書を書く際に必要)
  • 筆記用具

 

特に母子手帳は、出生時の状況や、予防接種をどこまで受けているかが書いてあるため、

診療の際はとても重要な情報源となります。

 

rinrin
乳幼児期を過ぎても必要になるものなので、大切に保管しておきましょう。

 

子供の入院に必要不可欠な準備物品③:親が病院で寝泊りするための品

子供の入院には、親の24時間の付き添いが求められることがほとんどです。

これは実は、社会が抱える非常に大きな課題なのですが、話すとかなり長くなるので、また後日、別の記事にまとめます。

 

今回の記事は、入院準備についての記事なので、ひとまずは親の付き添いに必要な準備物品についてリストにまとめます。

 

親の付き添いに必要な物リスト
  • 着替え(普段着、パジャマ、下着、靴下)
  • シャンプー、リンス、ボディソープ、ウォッシュ用タオル
  • メイク落とし、洗顔フォーム(男性の場合は髭剃り)
  • 歯ブラシ、歯磨き粉、コップ
  • タオル(バスタオル、フェイスタオルを必要枚数)
  • ボックスティッシュ
  • 親の朝食、飲み物
  • 箸、スプーン、フォークなど
  • 履物(靴やスリッパなど)
  • 寝具(毛布など)
  • スマホ(携帯電話)と充電器
  • ゴミや汚れ物を入れる袋

 

一部の高級な病院を除き、基本的に病室内には、日常必要な生活雑貨は何もありません

 

特に忘れがちなのが親の食事で、院内に売店やコンビニが無い場合、

『緊急入院初日の翌朝は親の食事が無い…』

なんていう事態がよくあります。

 

シャワーを浴びられる病院も最近増えてきましたが、

付き添いの入浴場所が用意されていない病院もあるため、ドライシャンプーなども必要に応じて準備しておくようにしましょう。

 

 

rinrin
必要な物はリストを見て、入院が決まった際はまとめるようにしましょう。

 

子供の入院にできればあった方がよい準備物品

上記は、必要不可欠なもののまとめですが、

 

子供の入院に際しては、

『無くても大丈夫だけどできればあった方がよい』

レベルの物も、多数存在します。

 

取り急ぎ、入院初日の夜は、上記の品物があれば乗り切れますが、

翌日以降に以下の物も調達しておくようにしましょう。

 

あった方がよい物リスト
  • 子供のおもちゃや絵本
  • ふりかけ、お菓子、ジュースなど
  • 親の暇つぶしの品
  • 幼児用爪きりや綿棒などのケア用品

 

病院によってはキッズルームがあるところもありますが、

感染症などの病気の場合、病室内から出られないこともあるため、

子供も親も退屈をしのげるよう、時間をつぶす道具が必要です。

 

音の鳴るおもちゃが好きな子供も多いですが、

院内では基本的に禁止されているところが多いため、

音の鳴らないおもちゃで子供が楽しめるものを用意するようにしましょう。

rinrin
個人的には絵本やパズル、シール、積み木、レゴなどがおすすめです

 

また、病院食は飽きがきやすいため、食事制限が無い場合は、嗜好品も用意した方がよいでしょう。

rinrin
食事制限がある場合は、医師の指示に従いましょう。

 

入院生活が数日を超えると、子供の爪の伸び耳垢も気になってくるところです。

ケア用品は盲点になりがちですが、あった方がよいものの一つです。

 

 

上のセットは、必要なケア用品がまとまっていて、

なおかつケースが付いているので、入院だけでなく旅行などのときにもおすすめです。

 

これらは、無くても大丈夫ですが、特に入院が長引く際には、あった方がよいものです。

必要に応じて、準備しておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

子供が入院する際に、親が準備する物品について述べました。

子供の入院は、不測の事態であり、いつ誰に起こってもおかしくないことです。

緊急事態に慌てないためにも、どういうものが必要か、事前に理解しておくことが大切です。

 

rinrin
小さいお子さんを持つ親御さんの参考になれば幸いです。